Menu

月別: 2018年1月

QUONIEX セキュリティについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社のセキュリティ対策および
今後の更なる強化策について

当社は金融庁登録を受けた仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00002号)として、グローバル仮想通貨取引所「QUOINEX」を運営しております。
引き続きお客様に安心してお取引いただくべく、改めて当社のセキュリティ対策についてお知らせいたします。

当社の経営陣はメリルリンチやゴールドマンサックス等のグローバル投資銀行において、セキュリティやガバナンス、オペレーション、コンプライアンス、リスクマネジメント等をグローバルスタンダードで長年経験してきたメンバーで構成されております。
経営陣の豊富な経験をもとに、当社ではインフラ、プロダクト、社内システム、オペレーションと、あらゆる面からセキュリティ対策を徹底しており、グローバルでも非常に高いセキュリティを備えた仮想通貨取引所サービスをご提供させていただいております。
当社で既に導入している主なセキュリティ対策は以下の通りです。

1. 取扱仮想通貨は100%コールド・ウォレットで管理*
2. 徹底した顧客資産の分別管理
3. 出金用仮想通貨アドレスのホワイトリスト化
4. 仮想通貨出金における4段階でのチェックプロセスおよび当社によるマニュアルでのダブルチェックプロセスの導入
5. プライベートサーバーを利用
6. サービス利用におけるユーザー二段階認証の必須化
7. API経由での法定・仮想通貨の出金の禁止
8. 外部専門家(ホワイトハッカー)によるペネトレーションテスト(システム脆弱性等のチェック)を1年に2度実施
9. 社内システムへのアクセス時の全従業員への二段階認証の必須化
10. 社内システムへのアクセス時のIPアドレスのホワイトリスト化

*ビットコインおよびビットコインキャッシュについてはマルチシグを導入済みです。

今回他社で発生した盗難被害状況を受け、当社は仮想通貨業界全体としての反省材料と考えており、2018年1月30日に当社監査等委員会に対して下記内容を報告しておりますので、お知らせいたします。

・QUOINE社内で栢森CEOを中心とした危機管理委員会(Crisis Management Committee)の設置
・外部専門家(ホワイトハッカー)によるペネトレーションテストの緊急実施
・コールド・ウォレットの実装を条件としたNEM(ネム), LTC(ライトコイン), ETC(イーサリアム・クラシック)をQUOINEXにて上場すること(2月上旬を予定)

セキュリティ強化策を実施する際にシステムメンテナンスが必要な場合には、当社ニュースレター及びテレグラム・Twitter等のソーシャルメディアで予めお知らせいたします。

一般にセキュリティ強化策やコールド・ウォレットの利用はお客様の利便性を低下させてしまいます。
しかしながら、我々は仮想通貨こそが金融の未来を創ると信じており、そのためには現在の金融の世界で最も重んじられている「お客様の資産を大切にお預かりする」ことを第一に、お客様に信用・信頼される金融プラットフォームを構築することが重要だと考えております。
その上で、お客様に「より便利に、より早く、より安く」当社のサービスを使っていただけるよう努力してまいります。
引き続き、QUOINEXをご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年1月

LINE@配信 祝ビットフライヤーでLISK取扱い開始

LINE@配信

 

祝✨
ビットフライヤーでLISK取扱い開始

LISKホルダーの皆様
本当におめでとうございます♪

2017年10月頃にはLISKがBFで取扱われると、情報は入ってきていたのですが、

こういった配信の場ではなかなか断言めいた発言は出来ず…

また、個別に問い合わせいただいていた方達にも、LISKだと思いますよー❗と、

少し含みを持たせた形でしか返信出来ずにおりました^ ^、

本日午前中に、

もしBFが月内の有言実行をしなくても、
LISKはかなり有望である事をお伝えしましたが、

2018年のLISKは楽しみですね!

昨年の12月にお伝えした通り、

ETCとLTCの直近仕込み価格から3倍〜4倍になった時点で、

利確してLISK一点張りで寄せていたので、
個人的にも相当楽しみです^ ^

さて、

来月はどうなるか?

市場の時価総額と共に引き続き注目していきましょう!

2月以降にビットコインキャッシュがどうなるかー?

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年1月

LINE@配信 仮想通貨LISKで不労所得

LINE@配信

 

LISKも勝手に増やせますよー

 

前回の投稿時に少し触れた、

「NEMにはハーベストなんて仕組みがあったんですね」と、多数のメッセージが来ています‼︎

僕がハーベストを知った時は、
まだ国内ではzaifにしかNEMの取扱いがない時でしたが、ハーベストをする為にNEMとは付き合いを始めた感じです。

 

そして、これは独り言の愚痴ですが、
NEM期待のカタパルトが延び延びすぎで、
ハーベストがなかったらとっくに利確させられてたかもしれません…

 

意外と、

こういった勝手に増える仕組みを知らない方も多い感じなので、

 

まさかのLISKもかな?と思い、
今日はLISKが勝手に増やせる仕組みのご紹介です。

 

BTC→マイニング(採掘)
NEM→ハーベスト(収穫)
LISK→フォーシング(鋳造)

 

マイニングするにはASICやGPUが必要でNEMのハーベストもLISKのフォーシングも、

 

直接やるには本来はかなりハードルが高いものです。

 

ですが、

BTCであれば、間接的に採掘に加わる事が出来る

プール、クラウドマイニングがあるように、

 

NEMやLISKには「委任や投票」といった仕組みがあります。

 

委任やら投票やら文字にするとちょっと難しく伝わってしまうかもなので繰り返しますが、

 

僕らがやる事は、

公式のウォレットに置いておくだけになります!

 

NEMのハーベストの場合、

 

ミニマム1万枚〜と、

直近だと4倍以上に価格が高騰してるので少し敷居が高くなったのかもですが、

 

LISKヴォーティング(投票)にはミニマムの条件は無かった様な気がします。

 

しかも複利でイケます!

 

所感ですが、

NEMのハーベストよりも、LISKのヴォーティング(フォーシングしている人へ投票して委任→配当をもらう)の方が増え方的には気持ちいいです!

 

そして何よりも、

LISKはリブランディングを控えています。

 

個人的にLISKは、

ビットフライヤー上場アルト銘柄候補というよりも、

 

本質的にはコアアップデートとリブランディングに張っています。

 

もちろん、絶対はないので自己判断ですが…

 

リブランディング過去のメジャーアルト事例転載

 

・ANS アントシェアーズ → NEO ネオ

価格:$1.5→$60 約40倍

・DARKCoin(ダークコイン)→DASH(ダッシュ)

価格:350円→120,000円340倍

 

僕がハーベストでNEM2円~25円仕込みを売らずに済んだように、

 

ヴォーティングしてLISKのグリップ力を高めたい方は

 

「LISK NANOウォレット ヴォーティング」検索

 

やりたい方は自己判断にてリサーチされてみて下さい!

 

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年1月

BIBOX(ビボックス) 独自トークンBIXに参戦

こんにちは!

 

今日は、中国の中堅取引所であるBibox(ビボックス)を紹介いたします。

 

BIBOXはOKCOINとHUOBIの経営陣が立ち上げた新興取引所なんですが、

 

本拠地がエストニア

 

とあり、

完全に中国リスク回避の思惑が感じられます。

 

BINANCE (バイナンス)も拠点を日本に移すと発表しましたが、

 

これは開設して、ソッコーでBIBOXの独自トークン BIX を買わねばと開設してみました。

 

 

BIBOX開設の安全なリンクはこちら

 

バイナンス同様にフィッシングサイトなどの危険性を避けるために

必ず安全なリンクから登録をお願い致します。

 

インターフェイスは完全にバイナンスですねw

 

 

====================

開設の手順

====================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上のスタートアップをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・メールアドレス

・パスワード8桁~0桁

・パスワード再入力

・Clickボタンをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・パズル画面でピースを当てはめる

 

メールに届く承認URLをクリックして解説は完了です。

 

====================

ログイン後

====================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカウントインフォメーションをクリックして2段階認証

 

タイミングをみてパスポート認証まで済ませましょう!

 

さて

 

====================

新取引所の独自トークンに注目

====================

 

取引所独自のトークンとは?

 

BINANCEあればBNB QUONIEXであればQASHにあたります。

 

手数料の割引に使えたり、取引所が推しているICO参加に使えたりと、

実需が織り込み済みのトークンになります。

 

 

少し調べてもらうといいのですが、

 

実需系コインは本当に価格が高騰しやすく

実際にBNBもQASHも既に価格は何倍にもなっていて、

 

今後も取引所のユーザー数が増えれば増えるほど、

トークンが買われて価値を上げる期待感があるのが魅力です。

 

そこで、個人的にはこれら(BNBとQUSH)はちょっと乗り遅れた感があったので、

 

次に目星い取引所の独自トークンを見つけたらスタート価格付近からINしようと決めていました!

 

今回開設したBIBOX は

 

OKCOINとHUOBI(TRXが間もなくここに上場) の経営陣が立ち上げた取引所です。

 

中華系の取引所なんですが、

 

本拠地はエストニア!

 

バイナンス同様に中国リスク回避の目的を匂わせています^ ^

 

この取引所は間違いなく需要がありそうですよね!

そうなると、独自トークンのBIXを追わずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

BIX/ETHしかないようですね…

 

取引所がオープンになった2017年11月まで遡って底値を確認すると、

 

現在1,4倍くらいで推移してるかんじですかね!?

 

上げ下げは激しでしょうから、

 

強気の指値で拾っていこうと思います!

 

BIXで参加できるICOを楽しみですね。

 

繰り返しになりますが、バイナンスなどはフィッシングサイトでの被害が続出しています。

 

BIBOX開設はこちらのリンクから開設をしていただき

そのままブックマークして利用していかれて下さい!

 

BIBOX開設の安全なリンクはこちら

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

 

 

月別: 2018年1月

仮想通貨(暗号通貨) アービトラージ ノーリスクでビットコインを増やす手法

こんにちは!

 

それでは、本日も絶対に減らさない、負けない仮想通貨(暗号通貨)

アービトラージのエビデンスの一部をアップしていきます。

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00747272btc

 

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00128382btc

 

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.02btc

 

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.01187265btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00573912btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00533332btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00501872btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00640362btc

 

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00579872btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.01739686btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.0009761btc

 

 

 

 

 

今日のエビデンスは一旦ここまでにしておきます。

 

お昼時点でビットコイン0.15643125btc獲得です。

 

正月ボケで出遅れていましたが、

 

今月はまだ1日平均が0.171btc(先月は1日平均0.398btc)ないので

これから飛ばしていきます!

 

追記

 

翌日、民泊の部屋退去で片付けしながら1時間で0.08821355btc獲得エビデンス

 

 

 

 

たぶん、片付け作業する前の30分くらいしか使ってなかったと思います。

 

民泊、かつては16部屋を完全運用代行にて運用してましたが、

1ルームは収益性悪く、2DK以上のみを残して1Rはオール撤退させます!

 

今は、稼ぎも投資も全て仮想通貨に寄せています!

 

目指すは2018年内に2桁億り人

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年1月

LINE@配信 フィッシングサイト注意喚起

【注意喚起▪️フィッシング】

昨日の深夜から
バイナンスのフィッシング被害がちらほら出ています

フィッシング(偽サイト)

・経緯

ログインしたらエラー表示

その後表示された通りに進めるとGoogleアプリのコードを要求され入力

コインが全部抜かれるそうです。

昨年のpoloniex偽サイトの手口と同じです。

・対応策

URLをブックマークしておく
普段からブックマークしたURLからアクセスをする事。

ログインの際に

都度YAHOOやGoogleからpoloniexやbinanceと検索してからログインしていませんか?

フィッシングサイトは
下手したら有料の広告枠に掲載されたりもしていますし、偽サイトを検索エンジンに紛れ込ませる手口でもあります。

実際に、poloniexの偽サイトは公式よりも上位表示されていた時期もありました^ ^、

バイナンス以外の取引所も含めて必ずブックマークからログインを徹底されて下さい。

さて

韓国で仮想通貨全面禁止などの情報が出回り情報も錯綜していて、またガツンと下がりましたが

韓国大統領府より

韓国のブルーハウス(大統領府)は今のところ仮想通貨を禁止する予定はないことが公式発表され
 
昨日の法務省パク・サンギ長官による仮想通貨禁止計画発表は「単独」であったと説明しています。
 
https://wp.me/p7ZOXd-Yy

JPモルガンCEOのビットコイン詐欺発言同様の手口で市場を下げさせた韓国政府が、

市場から買い漁ったとされる履歴がネットで公開されていたりで(真偽不明)

もうわけくちゃわからんですが、
とりあえず今回のも収束した感じかと思います。

PS

来月からビットコインコアとビットコインキャッシュの関係性にも注目。

キャッシュがどこまで存在感を高める事が出来るか?

個人的には2月以降のキャッシュには期待しています。

PPS

今までリップルの仕組みが使われるニュースは多くありましたが、いよいよ「XRP」自体が使われる

MoneyGram Adopts Ripple’s XRP in Open-Ended Pilot for International Money Transfers

国際電子送金サービスといえば、
日本人にも馴染みのあるPayPalがXRPを使い出す日も近い将来かもですね!

月別: 2018年1月

【仮想通貨】ビットコインキャンディー1月12日0r13日誕生(予定)付与について

今日はビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして付与される

 

 

ビットコインキャンディーについてです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界最大の取引所VIABTCが新しく設立した

 

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の取引所 COINEX からアナウンスが出ましたのでシェアします。

 

 

 

 

 

 

 

 

流石大手はきちんとアナウンスをしてくれるので安心感がありますね!

 

1BCH : 1000CDYトークン(付与)

 

・転載

Bitcoin Candy(CDY)を1:1000の比率で割り当てます。
 
2018年1月13日(Block height 512666)、CoinExはフォーク時に各ユーザーのBCH残高の「スナップショット」を取得します。「スナップショット」に基づいて、BCH資産の1:1000の比率に対してCDYをアカウントに割り当てます。
 
BCH預託期間中は、BCH入金および払戻しは引き続き可能です。
 
 
CDY / BCH取引ペアが開始 
 
フォーク後、CDYを購入または販売できるようにCoinExでCDY / BCH取引ペアをリリースします。
 
 
CDY入金と引出し
 
CoinExは、CDYチェーンが安定化され、ウォレットなどのすべてのサポートサービスが利用可能になるまで、CDYの入出金をサポートしません。詳細については、公式発表を参照してください。
 
注:損失を避けるために、フォーク前にできるだけ早くCoinExにBCHを入金し、CoinExですべての資産を100%安全に保障することをお勧めします。

 

 

ということで

 

 

さっそく開設してテスト送金を行ってみました。

 

※以降は自己責任にてお願い致します。

 

COINEX公式ホームページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

右下の「SIGNUP」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールアドレスとパスワード(2回)入力して

「SIGN UP]をクリックすると、

 

登録メールアドレス宛にメールが届きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メール内のリンクをクリックすると開設完了です。

 

早速ビットコインキャッシュのテスト送信をしてみます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコインキャッシュの送金はのホント早いですねー

 

あっという間に着金しました!

 

アナウンスには13日付与とありますが、

海外時間だとかフォーク前の送金詰まり

 

が想定されるので、明日には保有のBCHを全部送金しようかと思います!

 

COINEX

 

BCH基軸取引所ということで、これからもお世話になりそうです!

 

COINEX公式ホームページはこちらから

 

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

 

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年1月

トロン(TRX:TRON) 動画配信大手 ネットフリックス(Of Chaina)と提携を発表

2018年1月10日

 

エンタメコンテンツ無料プラットフォームの構築を目指す仮想通貨

 

TRON(通貨表記:TRX)トロンが、

動画配信大手 ネットフリックス(Of Chaina)と提携を発表

 

実需系コイン(仮想通貨)として、こういった上場企業とのタイアップは

素晴らしい価値を生み出してくれそうな期待感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、新規上場情報もプレスリリースされました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨービット開設はこちらから

 

バイナンス登録はこちらから

 

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

 

月別: 2018年1月

仮想通貨(暗号通貨) アービトラージ ノーリスクでビットコインを増やす手法

こんにちは!

 

それでは、本日も絶対に減らさない、負けない仮想通貨(暗号通貨)

アービトラージのエビデンスの一部をアップしていきます。

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.01475329btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.0142617btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.01187194btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.01269861btc

 

 

 

・アービトラージ差益獲得枚数 0.00456191btc

 

 

 

 

 

 

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

 

月別: 2018年1月

リップル XRP 次々と上場

取引所の新規アカウント開設制限

1月7日時点
・bittrex
・bitfinex
・Binance
・Kucoin
・Cryptopia

確認できているだけで
上記の取引所は新規アカウント開設に一時的な制限かかっています

全員に当てはまるかどうかはわかりませんので、開設出来る様でしたら開設されておかれた方がいいかもしれませんね。

バイナンスに関しては
1日に数万人規模で新規開設者が殺到していたそうです…

 

さて、XRPですが、

時価総額2位or3位なのに意外と取り扱っていない大手の取引所も多いんですね。

カナダ最大の取引所や
アラブのBitOasisでXRPが上場しそうです。

カナダ取引所CEOインタビューの動画を観ましたが、時期は名言されていませんでした…

日本とアラブの平均年収の比較

日本平均年収  約400万円
アラブ平均年収 約1400万円

この比較だけでもアラブマネーがXRPに注がれるかもしれない、期待値が高まりますね。