Menu

BIBOX(ビボックス) 独自トークンBIXに参戦

0 Comments

こんにちは!

 

今日は、中国の中堅取引所であるBibox(ビボックス)を紹介いたします。

 

BIBOXはOKCOINとHUOBIの経営陣が立ち上げた新興取引所なんですが、

 

本拠地がエストニア

 

とあり、

完全に中国リスク回避の思惑が感じられます。

 

BINANCE (バイナンス)も拠点を日本に移すと発表しましたが、

 

これは開設して、ソッコーでBIBOXの独自トークン BIX を買わねばと開設してみました。

 

 

BIBOX開設の安全なリンクはこちら

 

バイナンス同様にフィッシングサイトなどの危険性を避けるために

必ず安全なリンクから登録をお願い致します。

 

インターフェイスは完全にバイナンスですねw

 

 

====================

開設の手順

====================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上のスタートアップをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・メールアドレス

・パスワード8桁~0桁

・パスワード再入力

・Clickボタンをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・パズル画面でピースを当てはめる

 

メールに届く承認URLをクリックして解説は完了です。

 

====================

ログイン後

====================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカウントインフォメーションをクリックして2段階認証

 

タイミングをみてパスポート認証まで済ませましょう!

 

さて

 

====================

新取引所の独自トークンに注目

====================

 

取引所独自のトークンとは?

 

BINANCEあればBNB QUONIEXであればQASHにあたります。

 

手数料の割引に使えたり、取引所が推しているICO参加に使えたりと、

実需が織り込み済みのトークンになります。

 

 

少し調べてもらうといいのですが、

 

実需系コインは本当に価格が高騰しやすく

実際にBNBもQASHも既に価格は何倍にもなっていて、

 

今後も取引所のユーザー数が増えれば増えるほど、

トークンが買われて価値を上げる期待感があるのが魅力です。

 

そこで、個人的にはこれら(BNBとQUSH)はちょっと乗り遅れた感があったので、

 

次に目星い取引所の独自トークンを見つけたらスタート価格付近からINしようと決めていました!

 

今回開設したBIBOX は

 

OKCOINとHUOBI(TRXが間もなくここに上場) の経営陣が立ち上げた取引所です。

 

中華系の取引所なんですが、

 

本拠地はエストニア!

 

バイナンス同様に中国リスク回避の目的を匂わせています^ ^

 

この取引所は間違いなく需要がありそうですよね!

そうなると、独自トークンのBIXを追わずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

BIX/ETHしかないようですね…

 

取引所がオープンになった2017年11月まで遡って底値を確認すると、

 

現在1,4倍くらいで推移してるかんじですかね!?

 

上げ下げは激しでしょうから、

 

強気の指値で拾っていこうと思います!

 

BIXで参加できるICOを楽しみですね。

 

繰り返しになりますが、バイナンスなどはフィッシングサイトでの被害が続出しています。

 

BIBOX開設はこちらのリンクから開設をしていただき

そのままブックマークして利用していかれて下さい!

 

BIBOX開設の安全なリンクはこちら

 

PS

 

870 名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です