Menu

月別: 2018年4月

BINACE 余ったコインをBNBトークンに交換

流石は世界最大の取引所でもあるバイナンスですね。

これは神対応といっても過言ではありません。

 

国内取引所では取り扱っていあない通貨が豊富にある分、

色々な通貨を買ったり売ったりすると思うのですが、

 

その度に通貨が余っていることは認識していました。

 

そんな余った通貨をBNBに交換出来るというので早速やってみます!

 

メニュー 「balance」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、海外からの仕手配信を購入して日々BTCを増やしているのでやはりめっちゃ余ってましたね…

 

仕手の進捗はこちらからご確認いただけます。

 

4月頭から参加しています。

あまり地合いがよろしくない中損切は今のところ1配信のみでかなり優秀です。

海外有料仕手配信結果 2018年4月配信エビデンス

 

これ、地合いがいい時はたぶんかなり稼いでくれると思います!

 

ということで、バイナンスをまだ開設していない方は急いで開設をしておきましょう。

 

ハッキング時の対応といい、こういったかゆいところに手が届く対応といい

 

世界一にはやはり理由が備わっていますね!

 

バイナンスはフィッシングサイトのURLが出回っていますので

必ず安全なリンクから登録されて下さい!

 

BINNCE開設の安全なリンクはこちら♪

 

 

月別: 2018年4月

QUANTA(クオンタ)ウォレットバージョンアップ QNTU配布

QUANTAウォレットバージョンアップはこちらから

 

公式サイトよりダウンロード可能

 

ダウンロードしてパスワード入力すると

ダウンロード&付与されました!

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年4月2日、2018年5月16日に開始する取引を予期してLykke Exchangeに掲載されるQuanta Network Token Utility(QNTU)についての発表がありました。このプレスリリースでは、 QNTUの発行およびこのイベントが既存のQNT保有者にどのように影響するかについての詳細な説明を提供したいと思います。クアンタロイヤリティトークン(QNTR) QNTは予約このトークンを保持することの利点とQNTRするためにアップグレードされます。これは、QNT保有者がQNTR保有者にアップグレードされ、宝くじ収益の5%がQNTR保有者にロイヤルティ支払の形で配布されることを意味します。クアンタユーティリティトークン(QNTU) QNTのアップグレードに加えて、

QuantaはQNTU(Quanta Network Token Utility)という新しいユーティリティトークンを発行しました。QNTUは別のトークンであり、QNTRとの関係はありません。これは、ユーティリティトークンで、定義上、Quantaの製品とサービスへのアクセスを提供するトークンです。

QNTRとQNTUは互いに接続されていないため、QNTRはQNTUに変換できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QNTUはQNTR保有者(旧QNT保有者)にとって何を意味しますか?
2018年3月29日までにQNTを購入した人は、自動的にQNTUを1対1の比率で受け取ります。たとえば、2018年3月29日までに100 QNTを購入した場合は、追加料金なしで100 QNTUを空輸します。QNTUは直接販売することはできません。

 

 

月別: 2018年4月

日利10% yobit インベストボックス進捗

インベストボックスにイン:16日後の進捗

 

日利10% インベストボックスにインしたタイミングはこちら

 

ポイント

 

・LIZAの価格はインのタイミングよりも半分になっている

・日利10%のLIZAインベストボックスは継続中?

 

 

エビデンスを出しながら追っていきたいと思います。

 

まず現在のLIZAの様子から

 

価格下落1日で半分に下落しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・個人のインベストボックスの成績がこちら

 

投資額 0.80446856btc

 

 

 

 

 

利確

 

4月5日~21日までに1.88btcを回収 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+ 1.07553144BTC 利益

 

 

少し買い足して

 

現在のインベストボックスの原資は0.756btc~0.945btc相当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・投資結果

 

投資額 0.80446856btc 

利益  1.07553144BTC 

原資  0.756btc~0.945btc(含み状態:価値増減あり)

 

 

今後の展開

 

要は日利10%インベストボックスが続く限りは勝てる?

 

 

最大のポイントはやはり元本回収

 

 

流石にイン時点の価格から1日で1/10とかになったらもう負けですが1/2位は許容範囲でいいかなと…

 

 

元本回収前に価格が半分になったら元本回収期間が10日→20日になるだけ

半分位に下落するのはインする時から想定しておく(1/3になっても30日になるだけ)

 

最大のリスクは10%インベストボックスが閉ざされる時

 

こればっかりは読めないので明日これが起こり保有のLIZA枚数が電子クズになってもいいように舵取りをする必要がある

 

明日電子クズになっても負ける事がない環境をいかに早く作れるかのマネーゲーム!

 

として個人的には捉えてやっています。

後は、この土俵に上がるかどうかは個人の判断になりますが

 

リスクもありますがリターンが大きいのも事実!

 

今回の下落で少し買い増しましたが、万が一明日LIZAが電子クズになっても既に黒転したので

このまま原資の0.756btc~0.945btcを活用しながらやっていこうと思います!

 

今回かなりのユーザーが狼狽売りさせられたる感がありますが

yobitとしては利息の掃き出しが1/2になりました!

 

明日以降24時間取引高がどのくらいで推移するかに注目しようと思います。

 

 

目先どうなるかわかりませんが今のBTC時価で1日8万~12万単利を目安に狙っていきます!

 

 

追記

 

少し買板が増えて価格が動き出しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS

 

1000名が購読中の最新の仮想通貨情報はこちら

スマホワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE配信の【過去投稿】は下記のFBページからご確認いただけます

よろしければ「いいね」もお願い致します^ ^

7000名以上が「いいね」してくれているFBページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

 

 

月別: 2018年4月

大人気の仮想通貨(暗号通貨) LISK VOTE 進捗

LISK VOTE はパフォーマンスが凄い

 

まずはエビデンスから

 

画像は4月1日~4月17日のVOTEの結果です

 

参考:LSK保有枚数は3000枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(200枚超えてるのはVOTEではありませんでした)

 

2018年3月の中旬から始めたLISKのVOTE

放置していましたがきちんと数字を把握しないとなと思い集計してみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月17日現在 LSK 1187円

 

1ヶ月ちょっとで54枚が不労所得で降ってきてますので

 

54枚 × 1187円 64098円

 

もちろん、含みベースですので2018年12月(年末)にLISKが6000円位になってくれていればと妄想するとヨダレが出そうです…

 

まだ1ヶ月しかVOTE出来ていないのでアベレージ(平均)の正確な数値が出せませんが→平均値を出すための母数が少ない

 

 

年末に仮に6000円になっていたとしたら…

 

この3月中旬~4月17日で54枚(約1か月)は32.4万になってくれていますね!

 

これまで不動産投資や民泊(完全運用代行)などの不労所得の構築に勤しんできましたが

 

正直パフォーマンスのレベルが違いますね(^^;

 

もちろんLSKが100円にとかに戻ったりとかのリスクもありますが

 

期待せずにはいられません

 

NEMも同様です

 

記憶に新しいコインチェックの歴史的ハッキング被害がありました。

 

NEMにも保有しておくだけで不労所得が得られるハーベスト(収穫)という方法があります

 

 

NEMもウォレットで保有してハーベストをするべき

 

 

ハーベスト知ってたら取引所に置いておくなんてことはまずないはずなんですが…^^;

 

VOTEやハーベストの存在って意外と知られていないのか…

 

 

情報ってとても大事なものです

 

 

知ってるかどうかだけで色々と選択肢けでなく潜在的に潜んでいるリスクも変わってしまうのが暗号通貨のマーケットというところでしょうか…

 

 

PS

 

1000名が購読中の最新の仮想通貨情報はこちら

スマホワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE配信の【過去投稿】は下記のFBページからご確認いただけます

よろしければ「いいね」もお願い致します^ ^

7000名以上が「いいね」してくれているFBページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

 

月別: 2018年4月

日利10% yobit インベストボックスとは?

yobitのインベストボックス内にある日利10%運用について

 

昨年末のLIZAレンディングの状況はこちら

 

昨年末に全てLIZAを売却しましたが、

当時はLIZA1枚4ドル~6ドルでした(一時9ドルまで確認済み)

 

最近久しぶりに覗いてみたらなんと1枚0.1円w

 

ただ3月以降取引高が急増しています。

 

僕がレンディングをしていた昨年は24時間VOL平均100BTC程でしたが

ここ最近は毎日200BTCを超えています!

 

そして、USD取引高でも$200000を毎日突破

 

yobit側で発行枚数のコントロールが自由自在なので今が底値かどうかはわかりませんが

 

取引ボリュームが急激に増えているのは間違いなさそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、自身リスタートした日利10%インベストボックスの最新の進捗状況です

 

 

そもそもインベストボックスとは

 

 

 

 

「InvestBoxに投資してください!開発者がコインを宣伝するためのツールです」

 

yobitが自社取引所の宣伝のために行っている投資ボックスだとあります。

(イメージ的にはレンディングが一番近いと思います)

 

画像の通り毎日10%が付与されているのがわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「インベストボックス」内の上から2番目にLIZA日利10%の投資枠があります

 

最低投資運用枚数「1500000」

 

枚数としては多いように感じますが実際どれくらいでこの「1500000」は揃うのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年4月5日現在1500000枚は0.21btc前後で揃うことがわかります。

 

やることは2点だけ

 

1 LIZAを1500000枚用意してインベストボックスで運用をスタートする

 

2 DICEを1日5回行う

 

DICE注意点

 

やるタイミングはは配当(付与)後24時間以内に5回(30秒で終わります)

個人的にはLIZAでDICEを振っていますが、別通貨でも出来るようですね!(読者さんから教えていただきました)

 

※インベストボックスでの投資スタート時もダイスを5回必要 

やらないと初回配当10%が付与されません

 

0.00000001LIZAが最小ダイスの単位→この最小単位で毎日5回30秒だけやってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インベストボックスの注意点

 

・yobit公式ツイートによるとLIZAのインベストボックスは2年~3年は行うとありますが

実際にいつまで続けられるのかは読めません

 

・LIZAの現在の価格が今後もどこで安定するかも読めません→これが最も要注意で逆にいうとここにヘッジをかけたり注意を払っていれば増やせる可能性が格段にあがります

 

確かなのは現在は日利10%が毎日付与されているという事実

 

「10日で100% で元本回収」

 

価格帯が10日間変わらなければ10日間で元本を回収出来ます。

 

 

チャットも連日LIZAの話題で持ちきりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終判断は自己責任になると思います(^^;

 

僕は、10日間は単利でLIZAに買えたBTC枚数を回収する事を最優先にして、

回収後は複利運用も絡めてレンディング枚数を増やすのと、単利での利確の両輪でいこうと思います!

 

 

最重要注意点

 

LIZAのインベストボックスが突如クローズされたら大暴落間違いなしなので注意が必要

 

そして、何かしらの原因でLIZAの価格が10日間の間に 0.1円 → 0.01円とかになったら完全にやられます(^^;

→ただ、LIZAのインベストボックスはデイリー(毎日)のスパンなのでいつでも「クローズ」ボタンをクリックで解除出来ます。

 

万が一、急な動きがあってもリスクヘッジも考えて最悪でも8割は回収は可能かなと…

それでいて10日で元本回収以降は利回り確保に挑戦出来るのであれば、やってみようといった感じです!

 

さて今回も増やせるかどうなるか…

 

 

追記

 

4月10日 

 

取引高が一気に倍になってきました

 

 

 

 

 

なるほど!レンディングスタート枚数が1500000枚→2500000枚になっていますね!

 

これが取引高を引き上げた要因っぽいです。

 

0.4btcで2500000枚のLIZAが揃います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS

 

1000名が購読中の最新の仮想通貨情報はこちら

スマホワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年4月

CoinExに登録するだけで5000CET付与

LINE@配信転載

 

CoinExでCETトークンをGETされた方へ


CoinEx安全なリンクはこちら
https://www.coinex.com/account/signup?refer_code=9wygf
登録するだけで5000CET配布のキャンペーンが開催されています

CoinExを開設された方は下記の投票(VOTE)をやるかどうかを判断されてみて下さい!

画像の様にCoinExが開催している通貨投票の現状はHYDROがダントツの1位!

このまま二週間も経過すればHYDROが取扱われる様になります。

そこで、CETで投票しこのままHYDROの取扱いが決まれば、1投票あたり1HYDROが無料で貰えるそうです。

1CET=0.7円に対して1HYDRO=2.3円なので3倍となります(HYDROが負けたらVOTEしたCETはたぶん没収です)

まー微々たるものですがエアドロップの観点からすると割りは良い方だと思います。

CoinExの上段メニューにあるVOTEから投票出来ます。投票は最大1000CETまでみたいです。

 

投票は1分で終わります。

PS

マネックスのCC買収ネタがガセだったら、正式アナウンスを見越して仕込んだやつソッコー売らないとなと色々ソースを調べてましたが、新幹線の電光掲示板にも出てきていたりと近々アナウンスあるかもです。

それにしてもCCが数十億って安すぎますね!

事故物件扱いでしょうか…

てか、仮想通貨登録業者に100社以上が行列作ってるみたいです…

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO28940560T00C18A4000000

 

月別: 2018年4月

海外有料仕手配信結果 2018年4月配信エビデンス

海外から有料で購入している仕手配信のエビデンスをアップしてきます。

 

※配信→イン→決済済のもので,

かつ時間があるときのみにエビデンスアップしているので一部になります!

 

4月15日より投下する資金を1配信あたり0.5btcにしたので月に1BTC~2btc前後をこの配信から稼ぎ出せる様になると思います。

 

とりあえず様子見していた現状の記録です。

 

投資額が0.1~0.3btcの頃がほとんどなので利益額低めですが

 

利回り完璧に取れてるのがわかると思います。

(白帯はホールド中のもの)

 

昨年11月とか12月とかは単月の実績で500%実績の配信を買っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクセルだけだとわかりにくいと思うので取引所のヒストリーを時間がある時にアップしていきます!

 

 


 

 

1 MER

 

購入時価格 0.00002531 購入 o.1btc

決済(第一・第二利確ポイント合計) 0.11130753btc

 

 

差益 0.01130735btc

利益率 10.15%

配信日 4月3日 決済日4月3日

上髭が一気に伸びて一時60%跳ね上

げてましたが

 

欲張らずに指示されている利確ポイントで指値して利確

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

2 BNB

 

購入価格 0.0016948 購入 o.2btc

 

 

決済(第一利確ポイント) 

 

決済(第二利確ポイント) 

 

決済(第一・第二利確ポイント合計) 0.2179649btc

差益 0.0179649btc

利益率 8.9%

配信日 4月3日 決済日4月3日

 


 

3 VIB

 

購入価格 0.00001781 購入  0.11003193btc

 

 

 

 

 

決済(第一・第二利確ポイント合計) 0.1209908btc

 

 

 

差益 0.01095887btc

利益率 9.96%

配信日 4月3日 決済日4月5日

 

 


 

3 WINGS

 

 

購入価格 0.0000555 購入  0.1btc

 

 

 

決済(第一・第二利確ポイント合計) 0.btc 未決済 ホールド中

 

 

 

差益 0.btc

利益率 

配信日 4月6日 決済日4月日

 

 


 

4 SYNX

 

購入価格 0.000047 購入  0.2btc

 

 

 

決済(第一・第二利確ポイント合計) 0.20361737btc

 

差益 000361737.btc

 

利益率 1.8% 

配信日 4月7日 決済日4月7日

 

ちょっと遅れてはいったので念のため(配信時から5%UPでイン)早めに利確しましたが

まだグイングイン上げてますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

5  WINGS 今月2回目

 

購入価格 0.00005845 購入  0.2btc

 

 

 

 

 

 

決済(第一・第二利確ポイント合計)バラバラ

 

差益 0.00346391btc

 

 

利益率 1.8% 

配信日 4月10日 決済日4月11日

 

 

 

 

 

 

仕手で吹き上がりましたが高めに利確ポイントを設定していた為に取りこぼし…

元本確保優先で決済

 


 

6  EXP

 

購入価格 0.00020843 購入  0.159184btc

 

 

 

 

 

決済(第一・第二利確ポイント合計)0.0092373

 

差益 0.0165428btc

 

利益率 10.39

 

配信日 4月10日 決済日4月11日

 

 

 

 

 

 

 


 

7  MER 今月2回目

 

購入価格 0.00002546 購入  0.2btc

決済(第一・第二利確ポイント合計)

 

 

差益 0.01402688btc

利益率 7.01

 

配信日 4月11日 決済日4月12日

 

 

 

 

 

 

第一利確ポイントまでは順調に上昇

第二利確ポイントまでは上げ切らず下がってきたので利確出来るタイミングで決済

 

 

 


 

8  WPR

 

購入価格  0.00001252 購入  0.3btc

 

決済(第一・第二利確ポイント合計)

 

 

 

 

 

差益 0.029152253btc

利益率 9.61

 

配信日 4月11日 決済日4月13日

 

 


 

9  TRGI

 

購入価格  0.0001092 購入  0.3btc

 

決済(第一・第二利確ポイント合計)

 

 

 

差益 0.0275562btc

利益率 9.19%

配信日 4月13日 決済日4月14日

 

 


 

10 CHAT

 

購入価格  0.00001022 購入  0.2btc

 

決済(第一・第二利確ポイント合計)

 

 

 

 

 

差益 0.007031448btc

利益率 3.52%

配信日 4月6日 決済日4月14日

 

 


 

11 ARK

 

 

 

 

 

 

 

差益 0.01549317btc

 


 

12 SWT

 

 

 

 

 

 

 

差益 0.00163488btc

 

上髭かなり跳ねてあげましたが利確ポイントまでは届かずで下がってきていました

投資額回収優先で薄利で決済…

 

 

 

 

 

 

夜まで待てばよかった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

13  VIB

 

 

 

 

 

 

 

差益 0.0202503btc

 

これで0.3btc投下分は残り1配信のみなので

 

 

それ以降は0.5btc投下分になっていきます

 


 

14 VIB

 

 

 

 

差益 0.03522482btc

 

 

 

 


 

 

15 IOST

 

 

 

 

 

差益 0.00219775btc

 

 


 

16 GUP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

差益 0.04879204btc


 

17 AMP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

差益 0.04577692btc

 


 

18  ADX

 

 

 

 

 

差益 0.02637108btc


 

19 DNT

 

 

 

 

 

 

 

差益 0.03846865btc

 


 

20 TRX

 

 

 

 

 

 

差益 0.11313295btc

 


21 SC

 

 

 

 

差益 0.07041621btc

 

 


 

22 WRP

 

 

 

 

 

差益 0.0094317btc

 

BTC、市場、仕手の動きを確認するためと、一旦ノーポジ指示が来たため

買値付近で指値


 

 

PS

 

900名が購読中の採れたての仮想通貨情報はこちら

スマホでワンクリックで追加

line://ti/p/@cri3682b

 

QRコードを送る場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての仮想通貨情報をシェアするCryptoWalker

月別: 2018年4月

Quanta(QNTU)スイス最大取引所Lykke「ライカ」への上場決定

Quanta(QNTU)、スイス最大取引所「Lykke」への上場決定のお知らせ

(OUANTプロジェクトからのメールを以下に転載します!)

Lykke ExchangeにQuantaのQNTUが上場することが決定しました。

スイスのFinTech企業で、規制対応を重視する暗号通貨取引所「Lykke Exchange」に、

2018年5月16日Quantaのユーティリティ・トークンであるQNTUが上場します。

Lykkeの創設者兼CEOのRichard Olsenは、「Lykke ExchangeにQNTUが加わることを大変嬉しく思います。今回の上場により、ギャンブル業界からの投資や取引のさらなる機会をLykkeにもたらします」と述べ、QNTUの上場を歓迎しました。

Quantaを代表し、CFOのSteven Ormond-Smithは、「Lykke Exchangeへの上場は、今年2月にプロダクトをローンチしたQuantaにとって非常に大きな一歩です。Lykkeへの上場により、Lykke Walletを通じて、QNTUの取引が迅速に行えるようになります」と、上場の意義を語りました。

Lykke取引所でのQNTUトークン取引は、2018年5月16日に開始される予定です。

この契約により、QNTUは、多数の暗号通貨とトークンを有するLykke Netherlands B.V.の取引所においての売買が可能になります。さまざまな地域の投資家が、Lykke NLの取引所に、iOSとAndroid用の無料のLykke Walletのアプリを通じてアクセスできます。

LykkeおよびQuantaの概要は以下の通りです。

<Lykke Groupについて>
Lykkeは、世界市場に対し資産のスムーズな取引を実現するため、2013年に設立されたスイスを本拠地とする多国籍Fintech企業です。Lykkeは、クリプトバレーに代表されるように、暗号通貨やブロックチェーン産業における先進国スイス有数の暗号通貨取引所です。

Lykkeは、FXトレードプラットフォームなどのサービスを提供し、日本を含む世界8箇所に金融拠点を持ち約200カ国にクライアントを有するOANDAの創業者・元CEOのRichad Olsen博士によって創設されました。Oandaは、GoogleやFedEx、TESLAなど数々の世界的企業にサービスを提供しています。

Richad Olsen博士に率いられるLykkeは、バングラデシュ政府とのブロックチェーン技術を使った共同開発を行ったり、KPMGと戦略提携を組み税務申告サービスを提供するCrypto Taxとのパートナーシップを組むなど、世界中の優良企業と提携を行っています。

ブロックチェーンを含む飛躍的なテクノロジーの力を活用した財政の民主化、地域に依らない金融市場へ平等なアクセスの促進、市場の非効率性の排除といったミッションを掲げています。

Lykkeのウェブサイト:lykke.com

 

Quantaについて

Quantaは、ブロックチェーンベースのプロジェクトで、スマートコントラクトを活用し、完全に公平で透明性のある宝くじです。

2年間をかけ、世界初のブロックチェーン企業としてのギャンブルライセンスの取得と開発を進め、2018年2月7日に最初のプロダクトとなる「Quanta Lottery」をローンチしました。

数値アルゴリズム(乱数生成)の実装により、Quantaはギャンブルにおける不正行為および不正操作を最小限に抑えることができます。これにより、ゲームへの信頼を深め、より公正で公平な宝くじ環境を提供します。

Quantaのウェブサイト:quantaplc.im

 

 

PS

 

5月16日は前後する可能性はありますが

 

やっと上場してくるタイミングまできたのは間違いなさそうです!

 

そして、次の上場先が楽しみでなりませんね!

 

QNT-UですがIOSウォレットには実装されています(トークン配布はまだ)

 

PCウォレットにはまだ実装がないようです!